読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落書

何かに疲れたときに僕氏が何かを吐き出して現実に帰っていくための架空の場所です。

一部の神を除き頭の良さには種類があるのでそこんとこよろしく

瞬発思考が過度にもてはやされてないですか。twitterとかそういうインスタントなコミュニケーションチャネルが増えたからでしょうか。最大瞬間風速的な思考といいますか。何かを言われた時にパパパッと分析して8割ぐらいの精度で見解を素早く述べることができるとおおすげえ的な。もちろん思考速度が速いことに越したことはないと思うしそれが要される場面(交渉テーブルとか)や職業(営業とか国際弁護士とか)もあると思うのですが、それとは別種の構築思考も大事だよというのは共通認識になってほしいなぁと思うところ。たしかに、思考のキレが半端ない人に会うとそれはそれでカッコイイなと思うし憧れるのだけど、だからって思考速度の速さ=力=正義みたいになり過ぎているとは思います。ちゃんと時間を掛けて深い思考ができる人をもっと評価してそういう人をちゃんと就活強者にする仕組みとかできないものかね。そこ軸にしたら採用活動大変だろうけど、努力不可欠だからそういう人とったら役にたつよ。

ストックとフローという言い方をしてもいいです。昨今はとかくフローがもてはやされその場その場で気の利いた発言をするという瞬発力が大事にされておりますがぐううううっと貯めこんでおりゃあと出すストックの思考の結果もちゃんと大事にして欲しいですよね。以前ブログを書いたら長いんじゃボケと怒られて、でも僕としては無駄な枝葉や修辞を施した記憶はほぼなく伝えたいことの複雑性(ゆうてブログに書けるレベルの複雑さでしかないわけだし)が高かったから相応に長くなったという話であって(だから今回はトピック絞って短くしてみた)。かめはめ波じゃいくら撃っても倒せなかった敵も元気玉なら倒せたんですし。構築していく思考能力、それには明晰な分析力と広範な知識と粘り強さと統合力とひらめきといろいろなものが必要でなかなか稀少っすよ、こっちのが。

あ、あと、そういう溜め込むタイプの人ってコミュ症だったり引きこもりであることが結構あるのだけど、コミュ症の天才プログラマーを組織にちゃんと取り込んでいる南場さんとか引きこもりを日本の価値ある資源と見てそれを経済チャネルに載せようと頑張っているカワンゴさんとかの方針が僕は好きです。それが多様性を認める社会ってことだと思います。

思考がゆっくりで出不精な自分を擁護したいだけですけどね。。。。ちなみにもちろんのこと、思考の構築力、物量、速さ、ひらめきが全部すげえ人が一定数いて(これが一部の神)、そういう人に会うともうドラクエ6でキラーマジンガに息つく間もなくフルボッコにされた時のようなすべてを投げ出したい気持ちになりもしますけどねww

そして誰か神になる方法を教えて下さい。やっぱり鬼の24時間労働なんですか、、、